建設業許可を取得には、経営者としての経験(経営業務の管理責任者:経管と言いいますが)が最低5年必要です。

個人事業主(一人親方のように)として経験がある場合、経営経験を証明するためには、原則、確定申告書が必須条件です。

でも、確定申告書を紛失してしまった場合には、経営経験を証明できないのでしょうか?

でも、大丈夫。

確定申告書を紛失してしまった場合でも、一定年数までは、税務署から申告した確定申告書を取り寄せることができる可能性があるんです。

「開示請求」と言い、

何年前までさかのぼって開示請求できるかは、税務署により異なりますが、5年や7年~10年まで残っている場合もあります。

確定申告書を無くしてしまった場合は、ご自身の住所を管轄する税務署へ、何年前まで開示請求ができるのか確認してください。

確定申告書が開示請求によって用意できれば、あとはその間に個人事業主として工事を請け負っていたことがわかる資料が用意できれば、経営経験が認められます。

下記の3つが資料のどれか1つがあれば大丈夫です。

①契約書
②注文書
③請求書と入金確認資料(通帳もしくは領収書)

この資料も年1件ご用意できれば、その1年に関して経営経験として認められますので、諦めることはありません。

そんなご相談にも乗っていますので、お問い合わせください。

問合せ・相談

建設業許可新規申請、更新申請、その他手続きに関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

images (31)

電話での問合せ

まずは「建設業許可の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。
後ほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ

いつでも受付中です(365日・24時間)。面談の希望などもお気軽に!
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
 新規手続き 更新手続き 業種追加 決算変更届 その他相談

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)