独立して会社設立を検討されている建設業者の方に注意していただきたいことがあります。

といっても難しいことではありません。
ただ、自分自身で会社設立の手続きをしたり、建設業許可をよく知らない司法書士に依頼にすると後々面倒なので、確認しておきましょう。

1.定款の目的

定款の中で重要なものの一つが「事業目的」です。

設立する会社が何の仕事をするのかを事業目的として記載して、この記載した以外の仕事は原則としてやってはいけません。

※定款に記載されていない仕事をしたとしても罰則はありませんが・・・

建設業許可の場合は、申請している許可の内容と事業目的が合っているのかを確認されますので、建設業を行なっていることがわからない事業目的の場合は登記と定款を変更してくださいと求められます。

事業目的の書き方は申請する又は将来行うかもしれない建設業の業種を書くと良いです。例えば「屋根工事業」「大工工事業」などです。業種がたくさんある場合には「建設業」でも良いです。

 

2.事業承継のための役員

設立したばかりや小規模な会社の場合、取締役は社長だけということが多いと思います。

でも、将来の事業承継も検討するなら、引き継いでくれる可能性あるの人を取締役として登記しましょう。

 

建設業許可を取得する場合には建設業の経営経験がある人を取締役に入れておかなければなりません。経営業務の管理責任者といいます。建設業の経営経験の証明は「取締役として5年以上登記されていたか」です。

会社設立時には社長の経営経験によって経営業務の管理責任者の要件を満たして建設業許可を取得できたとしても、何かの事情で社長が取締役を退任した場合、別の人を経営業務の管理責任者としなければなりません。

その際、取締役の経験が5年以上ある人が身近にいなく取締役として会社に入ってもらえなければ建設業許可は取消になってしまいます。
社長がもしものことあった場合の備えとしても、取締役には事業承継してくれる人をいれておくべきです。

 

3.資本金500万円

建設業許可を取得する際の要件に500万円以上の財産的基礎があるかがあります。

一般的には金融機関から500万円以上の残高証明書を取得して証明することが多いですが、会社設立してすぐに建設業許可を取得する場合は資本金を500万円にできないかを検討してください。

資本金が500万円以上であれば、金融機関から残高証明書を取得せずに財産的基礎があることが認められますので、資金に余裕があるなら、資本金500万円以上にして会社設立を検討してください。

 

問合せ・相談

建設業許可新規申請、更新申請、その他手続きに関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

images (31)

お電話での問合せ

まずは「建設業許可の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。
後ほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ

いつでも受付中です(365日・24時間)。面談の希望などもお気軽に!
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

    ■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
    新規手続き更新手続き業種追加決算変更届その他相談

    ■お名前/会社名 (必須)

    ■メールアドレス (必須)

    ■電話番号(必須)

    ■問合せ・相談内容(必須)

    TOPページへ>>>