最近、1日でも早く建設業許可を取りたいという相談が多いです。

大きな受注の予定があるとか、競合会社から横やりを入れられないためとか・・・

 

早く建設業許可を取るためには、いくつかの許可要件が揃っているかどうかです。

以下の要件をチェックしてみてください。

 

1.常勤の経営業務の管理責任者がいる

・個人事業主か法人役員で申請業務と同じ業種の経営業務経験が5年以上ある。

・証明方法は「確定申告書」5期分と工事契約書や請求書(工事間が12か月空かなければ年1件を提示)

2.常勤の専任技術者が営業所にいる

・取得したい業種に対応する国家資格者か10年以上の実務経験者

・証明方法は、資格免許か10年以上の実務経験の工事契約書や請求書(工事間が12か月空かなければ年1件を提示)と雇主の証明

3.財産的基礎

・新規で法人を設立する場合は、資本金500万円

・直前の決算で自己資本が500万円以上(または金融機関の500万円以上の残高証明書)

 

あとは、法人や役員、個人事業主が業法違反等で免許等の取消処分を受け、その最終処分の日から5年を経過しない者でないこと。

成年被後見人などの欠格要件に該当していないこと。

 

建設業許可の申請するための基本要件は、このようになっていますが、実際は様々なケースがあります。
まずはお気軽にご相談いただければ、今の状態で申請できるのか、またこの部分の要件を準備できれば申請できるとか、解決策をお伝えできると思います。

 

 

問合せ・相談

建設業許可新規申請、更新申請、その他手続きに関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

images (31)

お電話での問合せ

まずは「建設業許可の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。
後ほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ

いつでも受付中です(365日・24時間)。面談の希望などもお気軽に!
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
新規手続き更新手続き業種追加決算変更届その他相談

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)